Posted by at

2011年03月10日

大牟田

木木館のある福岡県大牟田市。

炭鉱の街として有名でしたが

現在は炭鉱はみんな閉山してしまいました。


桜子が小さい時の大牟田は賑わっていました。

三井関連の会社は景気がよく

松屋デパートに井筒屋デパート、

現在は見る影もない西鉄新栄町駅周辺は

最先端の店が立ち並ぶ大牟田市の中心部でした。


炭鉱社宅も沢山あって、

社宅中央には必ず広場があり、

おふろは共同ふろがあり

社宅にいる友人がうらやましかったものです。


桜子の自宅も始めの頃は「石炭ふろ」でしたよ。


炭鉱の坑道は有明海のしたをも伸びて

大牟田岬の干拓から遠くに見える

人工島「初島」は海底の坑道に空気を送るために作られたものです。


三井三池炭鉱の中でも最大、

わが国でも最大規模を誇る「万田抗」

明治35年に開抗した後、大正、昭和の主力抗でしたが

昭和26年に閉抗します。



しかし、その後も他抗道の排水処理などの役目をうけ

取り壊されることなく現在も残されています。


平成21年1月に「ユネスコ世界遺産暫定リスト」に登録され、

平成22年4月より一般公開されています。


圧巻の竪抗は深さなんと…273m!!

しかも現在も閉抗されることなく

その口を開いています。


随時見学が可能な「万田抗跡」。

ぜひ、こちらにお越しの際は見てくださいね。





  


Posted by 桜子 sakurako at 17:25Comments(0)日常