スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2011年01月28日

キッチン

最近のキッチンの傾向のお話です。


対面式である

吊り戸なしのオープンタイプが多い

IHクッキングヒーター設置



ほんとうに、桜子的におおざっぱにいうとこの3点が挙げられるでしょう。



対面式は「主婦の憧れ」と言っても

過言じゃないほどの人気です。


理由は、子供を見ながらキッチン作業ができることや

キッチン作業のときに孤立しないことなどがあるようです。


リビング・ダイニング・キッチンと

一部屋の感覚になるので

広く感じられますね。


ただ、

いつもきれいにしていないと生活感が前面に出てしまったり

水を流す音や、キッチンでの音が意外とうるさく感じられたり

リビング側に油汚れが全く行かないわけはないなど

デメリットもあります。


吊り戸といえば

開かずの扉と化すことが多く

出し入れがしにくい

何が入っているのかわからないなど

不便さが多く聞かれていました。


最近のキッチンは開き戸タイプからスライド式に変わり

足元いっぱいまで使った収納や、レールの改良で奥行きが取れるようになったことなど

以前のキッチンの1.5倍ほどの収納力を持つようになりました。


このことで、吊り戸を必要としなくなり

重いものは足元に…

という収納が可能になったのです。

鍋や携帯コンロ、ビールなどもきれいに収納できるサイズになっています。


IHクッキングヒーターは

安全、掃除がしやすい、機能的となっていて

これからあたり前になる

オール電化住宅には欠かせないものですね。


さむ~い北側にあって

かまどでご飯をたく時代から

今日まで。

キッチンはものすごい進化をとげています。


ひとえに女性の快適になりたい!との想いが

そうさせたのでしょうね(笑)

  


Posted by 桜子 sakurako at 13:14Comments(5)日常