Posted by at

2010年09月27日

秋の夜長




八女福島の白壁通りです。

秋のお祭り、「あかりとちゃっぽんぽん」でした。

福島はもともと城下町でしたが

後には商人の町となり

豪華な町家が数多く残されています。



これは再生された後に住人を募集、

現在、カフェを営んでおられる町家です。

こんな風に、残された町家を再生して

町並みを保存再生する活動が行われています。





福島八幡燈籠人形祭りの舞台です。

この舞台はお祭りのときだけ登場しますが…

一番下が人形使いの場所、真ん中が舞台、一番上はお囃子方が居る場所で

なんと、釘を1本も使っていません。

全部組み立てられているものです。

凄いでしょう!!

お祭りが終わればまた来年まで倉庫の中です。

11月にはこの町家をめぐるイベントが開催です。

ぜひ、癒しの町並みをあなたの目で御覧くださいね。  


Posted by 桜子 sakurako at 13:31Comments(5)さすらう