Posted by at

2009年04月30日

山苞の道

美しい日本の、歩きたくなるような道500選。

それに選ばれたみちが田主丸にあります。




山苞の道。

山苞(やまづと)とは「山のお土産」の意味で

古くは万葉集、源氏物語にも出てくる言葉です。

山のお土産の名の通り、道沿いには耳納連山の恵みが盛りだくさんです。

季節の花、果物、水、それらから生み出された

工房、ギャラリー、美術館、などなど。

何よりの贈り物は雄大な連山を望む景色でしょうね!

今、オープンガーデンの季節です。

オーナーが丹精込めたお庭を見せて頂きながら

おしゃべりなんて最高の贅沢ですよ!

GW、ぜひおでかけくださいね!  


Posted by 桜子 sakurako at 12:32Comments(2)